メインイメージ

必要となるはんこ

会社設立に必要となるはんこ

会社を設立するのは誰でも自由に行うことができます。20万円から30万円程度の費用で会社設立が可能です。全てを自力で行うこともできますし、会社設立のサポートを専門とする業者を利用することもできます。

さまざまな準備がある中で、第一の山場は定款の作成でしょう。定款とは、その会社の目的や組織と業務に関わる基本規則であり、それを表記した文書のことをいいます。定款は公証人の認証を受ける必要があります。

法務省の登記所に会社設立の登記をする際には、定款の提出が求められます。

定款は指定された公証人役場の公証人の認証を受けなければなりません。このとき、会社の実印が必要となります。そして、会社の定款を定めると、銀行に資本金を払い込みます。

資本金が払い込まれたことを示す証明書の作成をします。その後必要書類を添付して法務省登記所で会社の登記を申請します。法務省登記所に会社の登記を行った後は、税務署や社会保険事務所に会社設立の届出を行います。

したがって手続きのおおまかな流れとしては、法務省登記所に会社の実印の印鑑登録をする→公証人による定款の認証を受ける→銀行に資本金の払い込みをする→法務省登記所に会社の登記をする→税務署や社会保険事務所に会社設立の届出をする、といったものになります。会社設立に新たに必要となるはんこは会社の実印です。また、定款には会社設立の発起人の押印と割印が必要です。それは実印でなければなりません。

つまり、会社の実印および印鑑登録証明書と、発起人の実印および印鑑登録証明書が、それぞれ公証人役場と法務省登記所に提出するために必要となります。

会社を設立し、銀行に口座を開き、日々の業務を行うために必要な会社のはんこは、実印、銀行印、認め印の3種類です。実印、銀行印、認め印を必ずしも別の印鑑にする必要はないのですが、やはり偽造や不正使用を防止するために別々にしておくのが安心です。実印と銀行印の保管については、セキュリティの観点からも、印鑑の劣化を防ぐ観点からも鍵のかかる冷暗所の保管が適しています。

実印、銀行印、認め印の他に、契約に用いる契約印として会社代表者印を作成する会社もあります。

印鑑の専門店ではインターネット上で法人向けの実印、銀行印、認め印をセットにして販売しているところがあります。

起業の準備は多忙となるので、ネット通販は印鑑の選択と購入の時間の節約になり利便性が高いです。長く使うものなので、忙しい中でも納得のいく印鑑を選びたいものです。

Copyright© 2014会社設立の様々な方法を学んで実践に生かす All Rights Reserved.