メインイメージ

抑える方法

会社設立に必要な費用と、それを抑える方法

会社設立を自力で行う場合、必要な費用の総額は24万円以上になります。これは書類作成や手続きに必要なお金の総額であり、参考書や移動費といった出費を含めれば、更に多額の出費となるものです。この出費を少しでも抑えたい方にとって、頼りになるのが士業関係者です。

弁護士、司法書士、行政書士、税理士といった士業関係者の事務所の多くは、会社設立代行サービスを受け付けています。事務所に所属する職員の資格により、全てを代行できる場合と、一部のみ代行する場合とがあります。

士業関係者は会社設立の費用を抑える技術や設備を事務所に備えています。このため、会社設立代行サービスを利用した場合、自力で行うよりも数万円安く、会社設立を済ませることができます。また、事務所によっては実質無料で会社経営をサポートするサービスを受けられたり、より高度なサービスを安価に受けられたりするものです。

会社設立代行サービスを受け付けている事務所の中で、比較的安価なプランを提案しているのは、行政書士や税理士の事務所です。書類の作成と手続きの申し込みを代行してくれます。法務局や公証役場に出向いて行う手続きは発起人自身が行わなければいけませんが、これは15分ほどで完了する誰にでもできる作業です。事前に作業の指導やマニュアル提供等のサポートがありますので、どなたでも簡単に行えます。

ただし、こうしたプランは必要最小限のサービスにとどまります。会社設立まではお付き合いをしてくれますが、その後のアフターサービスまで行っている事務所は多くありません。税理士事務所で顧問のサービスを提供している場合もありますが、基本的に「必要最小限のシンプルなサービス」であることを踏まえておく必要があります。

一方、費用は安くならないものの、その分だけ充実したサービスを提供してくれるのが、弁護士や司法書士です。自力で会社設立を行うのと費用は変わらないか、あるいはやや高めになります。しかし、必要な書類の作成から手続きまで、あらゆることを代行してくれます。発起人は煩わしい作業を避けて、会社の立ち上げに必要な他の作業に専念できるでしょう。

弁護士や司法書士の事務所は、アフターフォローを充実させている場合も多くあります。幅広い人脈を活かして会社運営に必要な人材を紹介したり、必要となる様々な書類の作成を代行したり、顧問として相談に乗ってくれたりと、至れり尽くせりのサービスを提案している事務所もあります。

会社設立に必要な費用は、誰しも少なく抑えたいものです。この場合頼りになるのは行政書士や税理士ですが、先々を考えると会社経営が始まった後も支援をしてくれるパートナーが必要と思う方も居るでしょう。その場合は弁護士や司法書士が頼りになります。発起人は事業内容に適したパートナーを選ぶことで、より良い会社設立を行うことができるでしょう。

Copyright© 2014会社設立の様々な方法を学んで実践に生かす All Rights Reserved.